前へ
次へ

税理士法の基本的な理念

この税理士法の一条をよくよく考察してみますと、税理士の何たるかがよくわかると思います。つまり税理士の方々の使命と言うものは、納税義務者のために、税金の租税、つまりは救済のための金銭を国に収める手助けをしましょうというものです。税金というものの本質は、民を洩れなく救済のするためのための資金を国民の皆様から集めましょうというコンセプトのもと創設されたのです。これを租税と言います。このようにしてお金が集められ始めたわけすが、お金を集めすぎて国民の生活が困窮しては元も子もないわけです、そこで生まれたのが税法でそれは普通の人々には少々難しく、そこでその法律に特化した人が現れました、それが税理士です、さらには税理士が好き勝手することが出来なくするための税理士法も設立されました。

top用置換

top用置換2
Page Top